Top
彼岸の花
c0005243_11121121.jpg
しかしなんたる鮮やかさ

彼岸の頃だと思い出させるようなこの色
これからこの時期が来るたびに
この色彩感がよみがえるんだろうな

Rest in Peace




[PR]
Top▲ | # by haisai_coaki | 2017-09-18 11:20 | Comments(0)
知らない町へ
誰ともつながりのない
いったところのないところへ行こうと思った

とたん、最近知り合った友達が
その土地に住んでいた偶然

この偶然に委ねちゃうのもありかなと

c0005243_22033430.jpg



結果、急に色彩感が増した

c0005243_22033584.jpg


c0005243_22033650.jpg




翌日はひとりで、初めての町へ

c0005243_22033637.jpg


坂の町のねこ

c0005243_22033756.jpg


c0005243_22033838.jpg


c0005243_22033866.jpg


なんだか、ひとりで来たということを
忘れそうな

c0005243_22033917.jpg





[PR]
Top▲ | # by haisai_coaki | 2017-09-07 00:28 | Comments(0)
赤い花の意味
c0005243_14370637.jpg

いつも気の早い利根運河の曼珠沙華が、
ひときわ早く満開を迎えた

c0005243_14370710.jpg


人は意味をつけたがる

お彼岸に咲く、積んではいけない花とか

天界に咲く花とか

c0005243_14370719.jpg


たしかに
一筋の陽の光に輝く様には
何らかの意味を見出したくなる


[PR]
Top▲ | # by haisai_coaki | 2017-08-27 14:20 | Comments(0)
ゆく夏
c0005243_22571091.jpg


ひさびさに
母と花火を見にいく


花火はいろいろなことを思い起こさせる

c0005243_22571192.jpg


この花火を見ながら思ったことを
またこの花火を見たときに思い出すのだろう

c0005243_22571173.jpg


[PR]
Top▲ | # by haisai_coaki | 2017-08-20 22:46 | Comments(0)
カワノオワリ
花火を眺めたのと同じ川を、河口付近まで辿っていく
川幅は広くなり、県境もあちらにこちらにと軽く混乱


目的の地はここだったか

c0005243_02310982.jpg





千葉県の突端にある灯台

c0005243_02310938.jpg



そこから見える小さな灯台


c0005243_02311053.jpg


どっちが突端なんてどっちもどっちだ


自分に見えているものが事実なんだ


フレームの外側は、一面のお花畑かも知れないし、
なんにもないかもしれない。

c0005243_02311150.jpg





端っこの駅は
終着駅でもあり
始発駅でもある
c0005243_02311109.jpg







[PR]
Top▲ | # by haisai_coaki | 2017-08-14 02:02 | Comments(0)
カワノムコウ
川の向こうの県で、音楽をやるようになって、十余年

この花火を初めて見たときには、そんなことは微塵も思わなかったが

いつしかこの地も自分の思い出になっていることに気づく

c0005243_01565337.jpg


花火には

誰しも
なにがしかの思い出が
つまっているように思う

c0005243_01593950.jpg



[PR]
Top▲ | # by haisai_coaki | 2017-08-14 01:49 | Comments(0)
夏のいろさがし
この色を探して、南へ北へ

c0005243_20560193.jpg


求めるものは意外とすぐそばにあったと言うのはいつものこと。

c0005243_20560216.jpg

車を走らせて写真を撮る

無心になれるのがよいのかもしれない。
c0005243_20560247.jpg


[PR]
Top▲ | # by haisai_coaki | 2017-07-24 20:51 | Comments(0)
私という生き方
昔訪れた場所に行くと
昔と同じように夏の花が咲き誇っていた

c0005243_18362049.jpg


私が私として生きるために

たくさんの人に、迷惑をかけてきた
たくさんの人に、見守られてきた

c0005243_18362074.jpg


でも
立ち止まることも必要だとわかった

そしてまた、明日から、歩き続ける

c0005243_18362191.jpg



[PR]
Top▲ | # by haisai_coaki | 2017-07-17 18:25 | Comments(0)
枯れ草に水を
枯れたと思ったら
芽が出て、花をつけるまでになった

c0005243_15065404.jpg


枯れ草に水を注ぎ続ける、って何かのくだりにあったような。
信じて続けることが大事なんだ、
と気づかされる。
[PR]
Top▲ | # by haisai_coaki | 2017-07-17 15:01 | Comments(0)
奏でる人生
出来ることをできる限り
でやってきた

その中で貴重な再会や出会いがあり

c0005243_01044655.jpg


2つの本番は、止まっていた時間を振り返る機会でもあった

c0005243_01044680.jpg


とにかく前に進もうとしてきたけれど
自分は何をしてきたのかなぁと思うこともある

もはや自分を語る上で外すことのできないこと

これからは、どう奏でるか、かもしれないな




[PR]
Top▲ | # by haisai_coaki | 2017-07-14 00:54 | Comments(0)
| ページトップ |
"fall colors" Skin
by Animal Skin