Top
ゆく夏
c0005243_22571091.jpg


ひさびさに
母と花火を見にいく


花火はいろいろなことを思い起こさせる

c0005243_22571192.jpg


この花火を見ながら思ったことを
またこの花火を見たときに思い出すのだろう

c0005243_22571173.jpg


[PR]
Top▲ | # by haisai_coaki | 2017-08-20 22:46 | Comments(0)
カワノオワリ
花火を眺めたのと同じ川を、河口付近まで辿っていく
川幅は広くなり、県境もあちらにこちらにと軽く混乱


目的の地はここだったか

c0005243_02310982.jpg





千葉県の突端にある灯台

c0005243_02310938.jpg



そこから見える小さな灯台


c0005243_02311053.jpg


どっちが突端なんてどっちもどっちだ


自分に見えているものが事実なんだ


フレームの外側は、一面のお花畑かも知れないし、
なんにもないかもしれない。

c0005243_02311150.jpg





端っこの駅は
終着駅でもあり
始発駅でもある
c0005243_02311109.jpg







[PR]
Top▲ | # by haisai_coaki | 2017-08-14 02:02 | Comments(0)
カワノムコウ
川の向こうの県で、音楽をやるようになって、十余年

この花火を初めて見たときには、そんなことは微塵も思わなかったが

いつしかこの地も自分の思い出になっていることに気づく

c0005243_01565337.jpg


花火には

誰しも
なにがしかの思い出が
つまっているように思う

c0005243_01593950.jpg



[PR]
Top▲ | # by haisai_coaki | 2017-08-14 01:49 | Comments(0)
夏のいろさがし
この色を探して、南へ北へ

c0005243_20560193.jpg


求めるものは意外とすぐそばにあったと言うのはいつものこと。

c0005243_20560216.jpg

車を走らせて写真を撮る

無心になれるのがよいのかもしれない。
c0005243_20560247.jpg


[PR]
Top▲ | # by haisai_coaki | 2017-07-24 20:51 | Comments(0)
私という生き方
昔訪れた場所に行くと
昔と同じように夏の花が咲き誇っていた

c0005243_18362049.jpg


私が私として生きるために

たくさんの人に、迷惑をかけてきた
たくさんの人に、見守られてきた

c0005243_18362074.jpg


でも
立ち止まることも必要だとわかった

そしてまた、明日から、歩き続ける

c0005243_18362191.jpg



[PR]
Top▲ | # by haisai_coaki | 2017-07-17 18:25 | Comments(0)
枯れ草に水を
枯れたと思ったら
芽が出て、花をつけるまでになった

c0005243_15065404.jpg


枯れ草に水を注ぎ続ける、って何かのくだりにあったような。
信じて続けることが大事なんだ、
と気づかされる。
[PR]
Top▲ | # by haisai_coaki | 2017-07-17 15:01 | Comments(0)
奏でる人生
出来ることをできる限り
でやってきた

その中で貴重な再会や出会いがあり

c0005243_01044655.jpg


2つの本番は、止まっていた時間を振り返る機会でもあった

c0005243_01044680.jpg


とにかく前に進もうとしてきたけれど
自分は何をしてきたのかなぁと思うこともある

もはや自分を語る上で外すことのできないこと

これからは、どう奏でるか、かもしれないな




[PR]
Top▲ | # by haisai_coaki | 2017-07-14 00:54 | Comments(0)
お天気の神さま
梅雨時ど真ん中に、こんなに晴天に恵まれるなんて、神様は居てくれたのだと都合よく思わずにいられない。

c0005243_19465403.jpg


小さなイベントだけれど、この日を迎えるために、沢山の人達が支えてくれている。


1日限り、最初で最後、一期一会。

c0005243_19483304.jpg




聴いてくださる方、支えてくださる方に向けて。
ありがとうの気持ちを、音に込めた。


c0005243_19483326.jpg



ありがとう。


c0005243_19465607.jpg


special thanks for nice photo
to Noriko.O

[PR]
Top▲ | # by haisai_coaki | 2017-06-25 19:29 | Comments(0)
六月の歌
この季節に合った曲、というのを考えた時に、
待てよ、ジメジメした梅雨は日本ならではのもので、アメリカあたりじゃカラッとして、あっけらかんとしているのかもしれない、と思った。
c0005243_22471572.jpg


今見えているものなんて、ほんの一部分で、見方を変えたら全然大したことがなかったりするのかもしれない。

[PR]
Top▲ | # by haisai_coaki | 2017-06-18 22:41 | Comments(0)
散り際の桜
c0005243_19551801.jpg


なんとなく、物憂げな、おわりのさくら
[PR]
Top▲ | # by haisai_coaki | 2017-04-13 19:54 | Comments(0)
| ページトップ |
"fall colors" Skin
by Animal Skin