Top
よみがえる駅
ここはかつて駅があった場所

c0005243_21595024.jpeg

c0005243_21174471.jpg


c0005243_21454785.jpeg

c0005243_23024857.jpeg

c0005243_21174566.jpg

姿を変えてよみがえる


ここにもかつて駅があった
c0005243_21190517.jpg

今は役目を終え息をひそめていた
その扉が開いた

c0005243_21263805.jpg

c0005243_21214206.jpg

renovationというのか
塗り替えてしまうことは
かつてのものがなくなってしまうようで

c0005243_21214492.jpg

蘇るということは
いのちを吹き込むということでもあり

c0005243_21233087.jpg

すぐにそこに立ち還れる
ということかもしれない

c0005243_21233287.jpg



[PR]
Top▲ | # by haisai_coaki | 2018-12-03 21:16 | オデカケ | Comments(1)
tokyo story
c0005243_00155460.jpg

前に来たのはどんな季節だったか
やはり同じ頃だった気がする

次に来たときに思い出せるように
季節感を添えてみる


c0005243_00155786.jpg

c0005243_21325964.jpeg

かつて母が修学旅行で東京に来たときには
まだ東京タワーは出来上がっていなかったらしい

かつては一番高い場所であったはずのに
眼下の世界は近くに感じる
c0005243_21381301.jpeg

次はきっと
思い出そうとしなくても
おのずと思いだせる


[PR]
Top▲ | # by haisai_coaki | 2018-12-03 00:13 | オデカケ | Comments(1)
ねこのいる場所
気がつけば ねこばかり撮っている
c0005243_23112140.jpg

c0005243_23160969.jpg
ひとに請うことを知っているような彼ら
わかっていてもつい惹かれてしまう
c0005243_23162299.jpg

行く先々に彼ら

c0005243_23244591.jpg

ねこがくつろいでいるってことはそれだけ安心な場所なんだね
と母が言う

c0005243_23170667.jpg

c0005243_23171260.jpg

母と2人で出かける機会はなかなかない

父の過ごしたらしい場所も訪れてみたが
なにか感じてくれただろうか

c0005243_23171845.jpg

言葉少なで
思い出を辿るように車を走らせ続けた

わたしは
彼らの前でなくても
素直になれるだろうか

c0005243_23255660.jpg

18.11okinawa

[PR]
Top▲ | # by haisai_coaki | 2018-11-29 23:10 | オデカケ | Comments(1)
色のない秋
c0005243_18082163.jpg
本当に
今年の紅葉はどうなってしまったのだろう

c0005243_18090683.jpg
自然現象には逆らえない

しかし自然の再生力も信じたいもの


来年は 秋の色彩を眺めながら
そんな年もあったね とふりかえることができますように


c0005243_18100147.jpg


2018.11 松戸 本土寺にて

[PR]
Top▲ | # by haisai_coaki | 2018-11-25 18:07 | Comments(0)
小さな誓い
練習の帰りに、立ち寄る

夜の礼拝の時間だったようで、座り込んで祈るひとたちがいた

座り込んで天井を見上げて
少し心を澄ませて
そっと立ち去った

c0005243_18322973.jpg


いつもいつも、心に誓いながら、なかなかそれができない


そんなこと知ったことかと
ねこは変わらずそこに佇んでいる

c0005243_18335970.jpg
見届けておいておくれ

[PR]
Top▲ | # by haisai_coaki | 2018-11-18 18:31 | Comments(0)
あたたかい空間
外はほんのり紅葉が始まっていた
静かな会場にたくさんの人が集まっていた
c0005243_21572506.jpg

伝える だなんておこがましい

見守ってくださるあたたかい目線を感じて、それに応えること



[PR]
Top▲ | # by haisai_coaki | 2018-11-12 21:56 | Comments(0)
彼女たちの横浜
c0005243_22200706.jpg
彼女たちの横浜

c0005243_22300359.jpg

c0005243_22300463.jpg

c0005243_22300652.jpg

もう ここに参加するのは最後
行事が後ろから数えるほどになってきた

ほとんど街歩きはできなかったけど
まぁ いい時間を過ごさせてもらった

c0005243_22303718.jpg

駆け足の横浜

また来ればいいさぁ

[PR]
Top▲ | # by haisai_coaki | 2018-11-11 22:19 | Comments(1)
変わるものと変わらぬものと
c0005243_00150073.jpg

街の紅葉

金沢の街はやはり雨だった
どんよりした空の下でも

丁寧に時間を楽しむ場があったり
c0005243_00163201.jpg



自然の造形の中にある彩りだったり

c0005243_00163442.jpg

c0005243_00163661.jpg

いにしえの中にあるモダンと
c0005243_00175822.jpg

c0005243_00184202.jpg

そこに秋の差し色

c0005243_00202409.jpg

「弁当忘れても傘を忘れるな」とはよく言ったもの
天気ごときで一喜一憂するよりも
あるがままを受け入れればいい

また来たときは
また違った色合いと変わらぬ景色を



[PR]
Top▲ | # by haisai_coaki | 2018-11-08 00:14 | Comments(1)
線路はかたる
c0005243_23194005.jpg
線路が途中で切れていて終着駅の先はなにもない

かつてはあったのかも知れない
理由があるのだろう



c0005243_23304338.jpg


静かな駅に列車が入ってきた

c0005243_23190829.jpg

時間になるとどこからともなく人が集まり
列車に吸い込まれていく

そして
c0005243_23200992.jpg


また静かな佇まいに戻る








[PR]
Top▲ | # by haisai_coaki | 2018-11-05 23:32 | Comments(1)
千里の道も

c0005243_22434409.jpg
まさか自分の足(くるま)で
たどり着けるとは思ってもみなかった

c0005243_23100452.jpg

c0005243_22453709.jpg
そこでは歩きの目線で
立ち止まり戻りつつしながら



太陽がのぞくと途端に景色も彩度を増して
そのたびに足を止める
そんな歩き方ができるってすごく贅沢なこと

c0005243_22494296.jpg


c0005243_22560290.jpg

一歩一歩踏みしめているという実感


c0005243_22571320.jpg



c0005243_23004463.jpg

これからも歩みを重ねていこうと思う


c0005243_23015620.jpg


[PR]
Top▲ | # by haisai_coaki | 2018-11-05 23:06 | オデカケ | Comments(0)
| ページトップ |
"fall colors" Skin
by Animal Skin