Top
何故にピアノか
子供の頃ピアノを習っていたという人は多いと思う。

実は私は習ったことがない。

私の小さい頃はおうちにピアノがあって・・・みたいなのが
ステイタスみたいな風潮があって
猫も杓子もピアノを習っていた。
周りの友達は泣きながら練習していた。

そんなに嫌なものなら私はいーや。
と思って習うとは言わなかった。

でも、なんか楽器は触ってみたかったので
小学校で器楽部に入った。

最初に楽譜が読めないことで苦労した。


なんか音楽(というか器楽)が好きになり
中学でトランペット、高校でトロンボーンを始めた。
スキが講じて今の今まで続いている。


で、自分のムスメには。
音楽が好きでいてほしいなあと思った。
でも、ピアノを習っていなくて後悔した経験から
ピアノはやらせたいと思った。


保育園のときは先生も優しく、楽しませることを重点にしてきた。
小学校に上がって、先生も、レッスンの色合いを強めてきた。
しかし、
基本的に「のし上がる」という意欲がないムスメ、
いつまでもやる気をみせない。
でもって最近は私が「やらないの?」と言い出すだけで
ブンブン怒り出してピアノのピの字も言わせない。

「今やろうと思ってた!」と怒る割に黙っててやり始めるためしはない。
うるさい親だと思いながら口を出してしまう。

そんな悪循環に陥っている。

昨日もとっくみあいの喧嘩になった(おとなげない・・・)。
ピアノの先生にこぼしたら、
「ウチもそうよー、親子、特に女同士はいくつになってもバトルよ」
と、励ましてくれた。

別に、将来ピアニストになるわけでも無し。
ただ、音楽が好きでいてほしいだけで。
でも、音楽をやるためには技術が必要なわけで。



でも、ピアノをいやいややるのが嫌で習わなかった私が
人の親になった今でも自分は音楽を続けているということは
やらされなかったことが功を奏しているのだろうか。
それでもって自分の子には押し付けちゃってるんだから
目も当てられない。

なんか、楽しめるといいんだけど、何もかも。
私はムスメに対して真剣すぎるらしいよ。
[PR]
Top▲ | by haisai_coaki | 2008-12-02 20:10 | フト思ウコト | Comments(6)
Commented by ひげ@sax at 2008-12-03 23:59 x
うーん。いつもこの話題だけに反応してゴメン。
うちの子も幼稚園の時は褒めて褒めてやる気にさせてたけど、
小学校に入ったらその手も効かなくなってくるし、課題も難しくなるしで、
やっぱりバトルになりましたよ。泣いてトイレに籠もるのを引きずり出してピアノの前に座らせたり...。
だって子供に任せてたら絶対自分から練習なんてしないし、
やらなきゃできるようにならないからね。
でも、子供だけにやらせようとしてもダメだと思う。
小学校低学年くらいでは練習の間はずっと親が横にいるくらいじゃないと、
子供も「自分だけやらされてる」と思うんじゃないかな。
今は6年生になって、親ももうあまりうるさくは言わなくなったけど、
相変わらず練習嫌いのまま(笑)
でも、音楽大好きで、自分の特技だと思ってるみたいよ。
嬉々としてサックスを吹いてるし、ピアノも好きで合唱の伴奏を
頼まれると張り切ってる...。
coakiさんも思い悩むことないと思うよ。少々バトルしたって親に対する
基本的な信頼感があれば大丈夫だと思う...私は。
Commented by Dolphy at 2008-12-04 14:14 x
久し振りです。守谷のBass弾き、Dolphyです。私自身、いまからもう45年くらい前に(当時はオトコの子でピアノを習っているのはかなり珍しかった)ピアノを習わされていました。それはそれはいやでたまりませんでした。あまりに反抗したので、小学校卒業と同時に親もやめていい、といってくれました。

ですが、高校のとき、ビートルズに出会って状況が変わります。ピアノやっててほんとに良かった状態に突然なりました。現在も、ピアノやってたおかげで譜面は読めるし少なくとも音が出せないよな楽器はほとんどないし(ちなみにまったく歯がたたなかったのはトロンボーンのみ)、sax, clarinet, trumpet, guitar, celloと、なんでもやっちゃいました。

まあ、親に一生の財産をもらった感じです。今も同業者でおっさんバンドを作ってイベントに参加してます。ようは音楽との出会いなのかな、と思います。あとは歯車はおのずと回り始めます。ハラたてるより、まずジャズでもクラシックでも、片端からいい音楽おきかせになってみてはいいのでないでしょうか。
Commented by coaki at 2008-12-08 23:01 x
>ひげ@saxサン
なんか呼んでしまったような気が・・・ご丁寧にありがとうございます。
音楽は好きでも練習はイヤ、そう考えたら当たり前といえば当たり前ですね・・・ましてや相手はやりたいこといっぱいの小学生。
大人の「ねばならない」でしばっても抵抗するだけですね。

あとは、本人もやらなきゃなーというのはわかっているので
こちらもじっとそれを待つ辛抱強さが求められているようです。
「それはそうと今日さあ」「わかってる!」みたいな。
一緒についているとなんかいやみたいなので
聴いていないようで聴いているみたいな位置に居ます。
「どうだった?」とか聴いてくるんですが、答えると怒るので
「どうだったと思う?」と切り替えしたりして。
まあなだめてすかして、でしょうか。
ひげさんのお話はとっても励みになります。

Commented by coaki at 2008-12-08 23:05 x
>Dolphyさん
おひさしぶりです。
歯車が回る感じ・・・なんか自分のことだと想像できます。
それぞれがバラバラに動いていてつながりがみえなかったものが
急にパズルが解ける様に有機的に動き始める感じ。
歯車は、一方だけでは回らないんですね。
いつか、それがかみ合ってつながる時のために
下ごしらえはしておきたいものです。

なんて、言葉遊びみたいなことを書いてしまいました。
とにかく今は続けること、好きでいられることでしょうか。

Commented by 隠居波平 at 2008-12-09 06:48 x
みたぽん経由の爺さんです、

芯を突いたお話ですね、
わたしの感想をひとつ、

貴女も、コメンテイターの方々も、お子さんの背中を押しているのですよね、ピアノの方へ向かって押し出している、
子は親の背中をみて育つ、が、親は子の背中を押す位置に居る、
子は、戸惑い、シンドイと思う、…だろうなぁ~と、思った、

わたし、夫婦二人暮らしです、子供は出来なかった、
が、夫婦互いに背中を眺めあっている、
で、似たもの夫婦になったように思うが、…アッハッハ(笑い)気性はまるで正反対だけどね、

写真を拝見していて、三浦海岸の「三崎海の家」が写っていて懐かしかった、
前景に漁船の姿があって、向こう側に見えるのは「三崎海の家」です、わたし一昨年愛艇「はまちどり」(全長8メートルほどのボート)で独り日本列島を一周したが、この「海の家」の前に艇をくくりつけ一晩休みました、写真見た瞬間にわかった!
Commented by こあき at 2008-12-11 23:05 x
波平さん
初めまして。
確かに後ろから背中を押しちゃってますね。
どうしてこうなっちゃうんだろう。
背中を眺めあうっていい表現ですね。
私もかくありたいです。

今日はムスメが「ケセラセラでいこうって本に書いてあった」というので、「ウチラもケセラセラでいこうよ」と答えるとニヤッと笑っていました。
本心です。

三崎、馴染みの景色だったのですね。驚きです。
印象だけで写真に収めておりました・・・。


<< 秋の置きみやげ | ページトップ | ストレス解消ほう >>
"fall colors" Skin
by Animal Skin