Top
おもひで貧乏
c0005243_7332577.jpg
標題は沖縄ともだちのゆきちゃんの言葉でありますが。

社会人になって十数年、
ずっと続いているものと自分の歴史を照らし合わせたときに、
「あれ、そのとき私何してたっけ?」
ということがよくある。
あるいは、記憶の前後関係がはっきりしない。
あるいは、他人の思い出の中で数年の抜け落ちがある。

たとえば、
「第何回の演奏会には参加していたはずだよ」
「いや、これはやっていない」

「じゃあ、何してたんだろう?」
「なんか、バンドやってたよなあ。」

「まてよ、あの時はいくつだったんだ?」

そのときそのときを突っ走っているから
前後の記憶が曖昧になってしまうのか。

残しておくことや整理する必要のないことは抜けていくからこそ
今を送ることができるのかもしれない。
そう思うことにしているけれど。
[PR]
Top▲ | by haisai_coaki | 2005-12-11 07:34 | フト思ウコト | Comments(2)
Commented by PORCO at 2005-12-11 13:00 x
そうだねぇ。
覚えてないことって、自分の人生にとって
差して重要じゃないことなんじゃないかなぁ?

(⌒^⌒)b うん、それでイイんじゃない。
Commented by こあき at 2005-12-14 09:58 x
そうっすね(^_^)v
ってことにしとこーっと(笑)
<< やっぱりやるべき? | ページトップ | 偶然か必然か >>
"fall colors" Skin
by Animal Skin