Top
タビをさせる勇気
「ママ,明日のプールなんだけど,着替えるのに時間かかるからワンピースがいいと思うんだけど,おばあちゃんちにどうやって持っていこうか?」

金曜の朝から土曜のスイミングの心配をしていたムスメ。
初めてスクールバスを使ってみることにしたのだ。

口は達者でも中身は一年生。
一人でバスに乗って帰ってこられるだろうか。
いざと言うときパニックにならないだろうか。
まだバスは早過ぎやしないだろうか。

…親のほうも心配がつきない。

土曜の朝。朝から「下に水着きてたほうがいいかな?」意外と心配性なのね。

バスは実家のすぐ前に止まる。
実家でも落ち着かない彼女。


スイミングの間実家で待機。

帰りのバスの到着時刻になった。
傘を持って出ていくと既にバスは停まっていた。窓からピンクの帽子がちょこんと見える。
思わず走り寄る私。


「バスどうだった?」
「え?別に。ふつう。」

素っ気ない返事で意地を張るムスメ。
そのあとはいつになく元気な声を張り上げて遊んでいた。

ホッとしたんだね。
[PR]
Top▲ | by haisai_coaki | 2008-08-16 22:46 | Comments(0)
<< リロのしゅくだい | ページトップ | 真夏の昼のジャズ >>
"fall colors" Skin
by Animal Skin