人気ブログランキング |
Top
カテゴリ:オデカケ( 222 )
Top▲ |
大輪の花
ふらっと出かけてその時の気分で行き先をきめる
そんなひとりの気軽さも捨てがたい

c0005243_12051752.jpg


墓参りまでも今年はソロになってしまった
c0005243_19320155.jpg



そして、初の場所での花火鑑賞
駐車場が確保できず苦戦したり
やっとたどり着いた場所が思いのほか穴場だったり

そんなエピソードもまたよい
c0005243_12093052.jpg


c0005243_12133137.jpg


c0005243_12463670.jpg

c0005243_12451954.jpg

こういうのはデュオがいい


c0005243_12485149.jpg

c0005243_12093162.jpg


向日葵、花火

夏に咲く大輪の花を目に楽しんで

それぞれの夏
c0005243_19391280.jpg



Top▲ | by haisai_coaki | 2019-08-12 12:03 | オデカケ | Comments(0)
オトナの修学旅行#2
c0005243_23391377.jpg

c0005243_23401534.jpg

c0005243_23391680.jpg

c0005243_23401819.jpg

c0005243_23401944.jpg


c0005243_23391680.jpg


c0005243_23373668.jpg

Top▲ | by haisai_coaki | 2019-07-25 23:38 | オデカケ | Comments(1)
オトナの修学旅行#1
ムスメの留守にかこつけて
脱日常の旅へ

選んだ場所は日光

c0005243_23354923.jpg


修学旅行ぶり
そんな声もあちこちで聞かれる
そんな場所なのは残念だけど
大人になってから見ればこその気づきもある

c0005243_23345085.jpg


c0005243_01360474.jpeg


c0005243_23345207.jpg

c0005243_23355415.jpg


207段の階段を登りきった奥に家康の墓があることは初めて知った


c0005243_23345606.jpg

とにかく歩く
しらべる
待つ

c0005243_23363770.jpg

c0005243_23373948.jpg

日光駅
c0005243_02454376.jpeg


駅前のホテルを取っていたが、駅周辺、驚くほど何もない
これは強制リセットだと部屋にて一人の時間を過ごした

Top▲ | by haisai_coaki | 2019-07-25 23:32 | オデカケ | Comments(0)
ラストラン
二度目となる、都会のローカル線の旅

[鶴見]
      |
c0005243_23231155.jpg
       |
[海芝浦]
c0005243_23234012.jpg


c0005243_23320154.jpg

c0005243_23355217.jpg

      |
[浅野]

c0005243_23255574.jpg
      |
[扇町]

前に来たときより、ねこは少なめ

c0005243_23231697.jpg

c0005243_00001998.jpg
       |
[浜川崎]

ここでもねこ

彼らはどこに向かうでもなく

c0005243_23264562.jpg

c0005243_23253290.jpg

c0005243_23260024.jpg


さて、向かおうか


c0005243_23295269.jpg


c0005243_23481785.jpg

c0005243_00021234.jpg

     |
[尻手]
     |
[鹿島田]
     |
[川崎]


川崎からバスで沖縄出身の人たちが暮らす町へ

c0005243_23495993.jpg


ほんのり感じる南国と

そこに生きる人たちのたくましさを感じる
c0005243_23295330.jpg

c0005243_23332769.jpg
     |
[鶴見]

戻ってきた場所は終着地ではなく
ここからまた帰るということ

ラストは終わりという意味だけではないんではなかったっけ

ここからまた 進んでいく


Top▲ | by haisai_coaki | 2019-06-23 23:21 | オデカケ | Comments(1)
暦をたどる
薔薇の季節にふと思い出し
一年前の今頃、気になっていた場所へ

初めて降りる駅は、線路と道路と高架橋と
人と車と電車
いろんなものが交差している
c0005243_20315847.jpg

c0005243_20162028.jpg


c0005243_20170445.jpg

暮らしの中にある風景
c0005243_20182360.jpg


建物の間をすり抜ける電車に乗り
生活の足である都電の車窓に見とれているうちに
日が暮れてきた

一年前にも訪れた場所へ
c0005243_20204976.jpg


一年前とは印象が違うのは
気のせいかな
c0005243_20205042.jpg

c0005243_20205177.jpg
一年前、二年前と
同じところをたどるのもまたいい

c0005243_23372354.jpeg

Top▲ | by haisai_coaki | 2019-05-19 20:13 | オデカケ | Comments(1)
こいのぼり夕景
こいのぼりを見たかったのが
心残りだったので

都会のこいのぼりを眺めにいく

c0005243_21422762.jpg

刻々と表情を変える夕空と

c0005243_21422988.jpg

c0005243_21423028.jpg

c0005243_21423218.jpg

c0005243_21423497.jpg

無機質なタワーの間をそよぐこいのぼり

長い連休のしめくくりになったかな

Top▲ | by haisai_coaki | 2019-05-08 21:39 | オデカケ | Comments(1)
空へと続く色

c0005243_22464346.jpg

c0005243_22460609.jpg

c0005243_22465513.jpg
c0005243_22460609.jpg

Top▲ | by haisai_coaki | 2019-05-07 22:51 | オデカケ | Comments(0)
最後にして最初の桜
折しも平成の締めくくり

四月の終わり
北国には遅い春が訪れる

c0005243_01202756.jpg

津軽路

自分にとっては毎年のように思い起こされるもので
親戚も、春になったら私が来ると思っていたという

一年限りのオーナーとなった「私の桜」を
二年に渡って鑑賞できるとは

c0005243_01203021.jpg

c0005243_01544427.jpeg


数え百歳のわが祖母の年齢よりも
長く生きてなお逞しい
長寿の桜
c0005243_01203267.jpg


翌日もまた以前辿った道を往く
岩木山がどこからでも見える道

c0005243_01194801.jpg


c0005243_01195077.jpg

c0005243_02004152.jpeg


やがて、海がみえてきた

c0005243_01554960.jpeg



c0005243_01192278.jpg

c0005243_01200121.jpg

c0005243_01193943.jpg

確かめたい
見せたい
そんな思いだったような気がする

c0005243_01193046.jpg

c0005243_01191881.jpg


c0005243_01192046.jpg


翌日の朝
花筏は朝日を浴びておだやかな色に

c0005243_01580175.jpeg


平成最後の桜は
最初の桜であり
これからも春を喜ぶように咲き誇る

Top▲ | by haisai_coaki | 2019-05-01 01:27 | オデカケ | Comments(1)
旅のアトヅケ

c0005243_12195628.jpg

旅をするのに理由はいらないけれど
あればもっと深みを増す気がする
c0005243_12234327.jpg
おっと思ったところで立ち止まってみたり
c0005243_12020627.jpg
c0005243_12223904.jpg
c0005243_11593925.jpg

c0005243_19230591.jpg



c0005243_11594190.jpg


たとえそれが後付けであっても


c0005243_12002398.jpg



c0005243_12013549.jpg


いい時間になったね


Top▲ | by haisai_coaki | 2019-04-21 11:51 | オデカケ | Comments(1)
学校の桜
練習帰りにふらりと

間違えて入ったところが高校の正門だった
なんと期間限定の一般公開の日

c0005243_07274069.jpg


c0005243_07072712.jpg

c0005243_07272187.jpg


c0005243_09001434.jpeg


そして
いこうと思っていた小学校は
隣にあった


c0005243_07302447.jpg

c0005243_07302565.jpg

校庭の真ん中にある大きな桜の木とともに
大きくなる子どもたちと
それを見届けている桜の木

c0005243_07302628.jpg

c0005243_07302800.jpg

どちらも
歴史を見つめてきた場所なのだろうと思う


c0005243_07302954.jpg


Top▲ | by haisai_coaki | 2019-04-08 07:05 | オデカケ | Comments(0)
| ページトップ |
"fall colors" Skin
by Animal Skin