人気ブログランキング |
Top
<   2007年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
空いていた椅子
今日、高校の吹奏楽部の演奏会に、OBとして出演した。

毎年恒例というのもある種の義務感を伴うような
ある意味時の流れを感じるような
そんな今回の演奏会。

c0005243_20511350.jpg



毎年恒例になってくると、出演するのもなんとなく「いつものメンバー」になってくる。
それでも、なんとなく今年は違うんだよな・・・


OBバンドのステージが始まるとき
並べていた椅子が、何故か一つ余った。

片づけようとする後輩に、
「ちょっと待って」

OBのひとりが言った。

「この椅子には、置くものがあるから」


座る人のいない椅子には、花束が置かれた。

毎年、当然のように出演していた、ある先輩の席。
残念ながら、ここに座ることは、もうなくなってしまったのだけれど。


「なんでオレが3rdなんだよとか言ってそうだよね」
なんて談笑しながら、「共演」した。

c0005243_20574231.jpg



演奏会、無事終わりましたよ。
Top▲ | by haisai_coaki | 2007-03-31 21:01 | フト思ウコト | Comments(2)
携帯カメラマンの春
あんなに雨が降るんだもの、カメラなんか置いて来ちゃったよ。

携帯片手に、昼休みの春探し。

土手の菜の花もいいけれど
週末は雨みたいだし、今のうちに桜の定点観測をしておこう。

c0005243_2050518.jpg


大きく空に伸びた枝振りは、携帯のレンズに収まりきる筈もなく。

c0005243_20502557.jpg



七分咲きといったところだけれど、
週末の雨を通り越したら、だいぶ痩せてしまうんだろうなあ。


桜が人を惹きつけるのは、その思わせぶりさ故なのか。
Top▲ | by haisai_coaki | 2007-03-30 20:54 | シャシン | Comments(3)
土手沿いの風景
そういえば、川が近かったんだっけ。

職場から5分も歩くと、川沿いの土手に出る。
今は菜の花が満開。


c0005243_20581391.jpg
c0005243_20583035.jpg




夢中になって菜の花畑に足を踏み入れていたら、時間がなくなってしまった。
さて、もどらなくっちゃ。

黄色い花粉だらけになったズボンも、なんかうれしかったりして。
Top▲ | by haisai_coaki | 2007-03-29 20:55 | シャシン | Comments(0)
サイタ サイタ
通勤途中の道端で、桜の花がぽつりぽつりと咲き始めた。


ぽかぽか陽気の今日の昼休み、
やっと、カメラを担いで外に出る余裕ができた。
なんつうか、気分的な余裕かね。


c0005243_2132599.jpg



今年の観測スポットは、ここにしようかな。
満開の桜をイメージしながら、ファインダー越しに物色。


c0005243_2141846.jpg


さて、ここは、あと一週間でどんな景色になるのかな。
Top▲ | by haisai_coaki | 2007-03-28 21:05 | シャシン | Comments(2)
あめのにちようび
c0005243_17363997.jpg

ああ、暇だ。

急に暇になるとどうしていいのかわからない。


とりあえず、ムスメはおばあちゃんと美容院にでかけていった。

実家でぼんやりと待つ私。

時間があったらやれるのにと思っていたことはたくさんあるはずなのに。

髪を切ったムスメはどこと無くおねえさんっぽくみえる。
Top▲ | by haisai_coaki | 2007-03-25 17:36 | Comments(3)
ねぎらいブーム
あっちゃんサンタさんにお疲れ様って言いたい。

だって世界中のこどもたちにほしいものをあげるんだもん。
Top▲ | by haisai_coaki | 2007-03-23 18:12 | Comments(0)
天に抜ける
そういえば、桜のつぼみはどうなったかな。

c0005243_21375071.jpg


つき抜けるような青空が私を待っていた。

つぼみもふくらんで、今か今かと待っているような。
c0005243_21394058.jpg



家に帰ると、ムスメにピアノに向かうよう声を掛ける。
昨日、なんとなく出来たような気がしたんだったよね。

自分のペースで、確認するように指を押さえている。
なんか、コツがつかめたみたい。


おっ、できたじゃん!

c0005243_2143319.jpg


(Photo by softbank 812SH)
Top▲ | by haisai_coaki | 2007-03-20 21:44 | シャシン | Comments(4)
あなたと私と音楽と
ムスメが音楽教室に通いはじめて、もうじき一年になろうとしている。

音楽を好きになってもらいたい。
音楽ができるというヨロコビを感じてもらいたい。

なまじ、自分が音楽で救われているだけに
過剰な期待を抱いてしまいがちだが
望みは、きわめてシンプルなモノである。


かくして、この大手楽器メーカーの音楽教室は
カリキュラムに沿って、体系的に技術を習得させていく教室である。
レッスンは、9~10名のグループで、親子での参加が前提。

幼児の成長に配慮したカリキュラムなのだろう。
保育園以外のお友達ができるのも、他の子と比較するのも、
いい刺激になるだろう。



しかし、
この時期までにここまでできるようにさせる

という主催者側の設定した目標に
講師も躍起になり、親もそれに縛られる。そんな側面も見えてくる。


やる気にさせるのは親の役目。
楽しく演出するのも親の役目。
次のレッスンまでにできるようにさせるのも親の役目。

次のレッスンまでの一週間は、親のたゆまぬ努力が求められる。


ムスメ自身は、レッスンに厭わず通っている。

彼女の顔が曇るのは、私の口調が厳しくなってきたときだ。
そして、彼女のそんな態度をみると、私も抑えが効かなくなる。


これで音楽が嫌いになったら、ナンの意味もない。


親の顔に、子供は逐一反応する。
私が辛いと感じたら、もうそれを表に出さず維持するのも時間の問題だろう。

もう、レッスンはやめよう。


そう思い始めていた矢先の、今日のレッスン。

いつもの迷いよりも、今日は「見極め」のつもりもあった。
事前に家で鍵盤を触らせる。



最初は和やかにやっていたが、
どうしてもひっかかる部分がでてきた。
それを繰り返しできるまでやってみると言うのは
5歳の子供には無理がある。
私の語気も荒くなり、それをみた彼女は、泣き出してしまった。

そして、レッスンの時間がきた。


さらっておいた曲も、なんとなく自信なさげ。
眠気も手伝って、集中力もきれている。

ただ、友達といっしょに歌っているときだけは、笑顔だった。


もうちょっとのがんばりで、できるようになったヨロコビを味わえれば
少しは変わるだろうか。



来週、どうしようかな。
Top▲ | by haisai_coaki | 2007-03-17 18:35 | コドモ | Comments(10)
こどものしあわせ
ひとたび子の親になったら、全身全霊で子供の幸せのために尽くさなければならない。
子の親になるということはそういう覚悟も伴うことである。

そんなことは、人の親であれば、自ずと判っていることであると思う。
でも、自分本位になってしまったり、
自分の所有物のように扱ってしまったり
親は失敗を繰り返し、反省をしながら、
少しずつ、子供に育てられていく。


子供を「授かる」と「作る」
私にとっては、前者のイメージが強い。

自分の処に授かったのであれば、
そのために、生き方を変えてでも、突っ走る。

作る時点で責任を伴っているではないか。

そんなことは判っている。
親になることが判った時点で、十字架を背負わされたような
そんな苦行なのか?親業って。


私も、多かれ少なかれ、親としての愛情は持っている。
しかし、ムスメに接するとき、すべてが彼女のためにしているとは決して言い切れない。




ムスメは、私といることで幸せを感じているのだろうか。
Top▲ | by haisai_coaki | 2007-03-16 20:10 | フト思ウコト | Comments(4)
つれないオンナ
ママ、寝る前にワインなんて、そういうもの飲まないほうがいいと思うよ。
おちつかなくなっちゃうから。

あっちゃん、大人になってもそういうことしないから。
Top▲ | by haisai_coaki | 2007-03-15 22:38 | ツブヤキ | Comments(2)
| ページトップ |
"fall colors" Skin
by Animal Skin